ぱふぅ家のおススメ ネットができる宿情報
ぱふぅ家のホームページ

鬼怒川温泉 旅の宿 丸京

鬼怒川温泉 旅の宿 丸京 所在地 栃木県日光市鬼怒川温泉大原1388-3
電話 0288-76-0050
FAX 0288-77-3450
e-mail -
URL http://www.marukyoo.com/
ネット接続 無線LAN
※施設側の事情で休止することもあるので、 電話またはメールで確認することをお勧めします。

詳細・予約 Powerd by 楽天トラベル

 
旅の宿・丸京は、どこか懐かしい「炭」をコンセプトにお客様をおもてなし。 新宿・浅草から東武鉄道で約 2 時間、鬼怒川駅から歩いて 3 分。観光の拠点として最適です。深山と渓谷を一望する空間でゆったりとした時間をお過ごしいただけます。

【鉄道】
  • 鬼怒川温泉駅より徒歩 2 分
【自動車】
  • 宇都宮日光自動車道「今市 IC」より 121 号線経由約 20 分
鬼怒川温泉
鬼怒川温泉
鬼怒川温泉 (きぬがわおんせん) (栃木県日光市鬼怒川温泉大原)は、鬼怒川上流にある温泉で、発見は江戸時代に遡る。当時は日光詣の僧侶や大名のみが入ることを許されたという由緒正しき温泉だ。
明治に入って一般開放され、多くの観光客が訪れ、鬼怒川渓谷沿いに旅館やホテルが建ち並ぶようになり、箱根や熱海と並んで「東京の奥座敷」を呼ばれた。

泉質はアルカリ性単純泉で、神経痛や五十肩、疲労回復や健康増進に効くという。また、火傷に対する効能があるとされ、北側の川治温泉 (かわじおんせん) とともに「傷は川治、火傷は滝(鬼怒川温泉)」と称された。
鬼怒川温泉
鬼怒川温泉には、アニメ『未来日記第13話の舞台となった廃墟がある。廃墟になっているのはこの一角だけで、対岸のホテルは通常営業している。しかし、客室の窓から見た景色が廃墟では‥‥。
2016年09月22日更新