ぱふぅ家のおススメ ネットができる宿情報
ぱふぅ家のホームページ

神戸ポートタワーホテル

神戸ポートタワーホテル 所在地 兵庫県神戸市中央区波止場町6-1
電話 078-371-8080
FAX 078-371-8090
e-mail -
URL http://www.kobe-porttower-hotel.com/
ネット接続 有線LAN
※施設側の事情で休止することもあるので、 電話またはメールで確認することをお勧めします。

詳細・予約 Powerd by 楽天トラベル

 
JR ・阪神元町駅より徒歩 8 分。阪急花隈駅より徒歩 7 分。JR 三ノ宮(三宮)への送迎◎観光にも便利

【鉄道】
  • JR ・阪神「元町駅」より徒歩 8 分。
  • 阪急「花隈駅」より徒歩 7 分
【バス】
  • ホテル⇔JR 三ノ宮駅無料送迎定期便も御座います。
福原京
福原京から大輪田泊
福原京(兵庫県神戸市兵庫区平野)は、平清盛が治承四年(1180 年)に高倉院や平家一門の反対を押し切って遷都を強行した地である。しかし福原京の造営は未完に終わり、170 日後に京都に帰還することになる。

仁安三年(1168 年)、出家して入道大相国 (にゅうどうだいそうこく) と呼ばれるようになった清盛は、摂津の福原に別荘を構え遁世生活に入った。これ以後は、大輪田泊を改築し日宋貿易の拠点とするなど、福原を本拠地として政治や貿易に介入した。清盛の福原に対する思い入れは強く、福原遷都を画策したといわれている。
大輪田泊
大輪田泊
大輪田泊 (おおわだどまり) (兵庫県神戸市兵庫区)は、現在の神戸港の基礎になった港だ。

大輪田泊は、背後にある六甲山が季節風を防ぎ、潮の干満の差が小さいことなどから、奈良時代より良港としてにぎわった。平清盛は、博多までしか入港できなかった中国の船を、大輪田泊に呼び込むため、港に人工島の経ヶ島 (きょうがしま) を築造するなどした。
中国から銅銭を輸入することで、日本に貨幣経済を広め、国が豊かになった。
2015年06月20日更新